理念

地方の「旨い!」を食卓に_____。

ぼくたちは「体験」の可能性を信じています。

データをもとに「あなたに合った商品」をリコメンドされる現代。

データドリブンなそんな時代だからこそ、

「これ、めっちゃ旨い!」

「みんなに食べてもらいたい!」

という想いをもって、

食の体験を創っていく価値が、より一層高まると考えています。

 

生産者の体温、売り手(小売業様)の体温、が伝わる「リアルな買い物」の価値も、高まると信じています。

日本国内、国外のいまだ知られざる「地方に宿る新しい価値」を発掘し、こだわりを持っている小売業様に繋ぐ____。

この素晴らしい仕事を通じて、より多くの消費者の「食の体験」を創造していきます。